読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガルーラ

f:id:Ninoykr:20130919172843p:plainf:id:Ninoykr:20130919172911p:plainf:id:Ninoykr:20130919172923p:plainf:id:Ninoykr:20140226140938g:plainf:id:Ninoykr:20140706235413g:plainf:id:Ninoykr:20140824014632g:plain

 

72回DEXオフベスト16。

 

おむうグッドスタッフ - ふきだまり

 

これをちょっと変えて使いました。あんまり環境に変化がないのでそれなりに戦えました。

 

ボルトロスのボールはしっかり見ましょう。

ガルーラスタン

f:id:Ninoykr:20140226140938g:plainf:id:Ninoykr:20150119001746g:plainf:id:Ninoykr:20130919172923p:plainf:id:Ninoykr:20150906070136g:plainf:id:Ninoykr:20130919172911p:plainf:id:Ninoykr:20130919172843p:plain

ポケモン持ち物特性技1技2技3技4
ガルーラ メガストーン 肝っ玉 捨て身 けたぐり 冷凍パンチ 猫騙
ヒードラン シュカのみ もらい火 熱風 大地の力 みがわり 守る
ランドロス 突撃チョッキ 威嚇 岩雪崩 地震 叩き落とす チカラ
ズルズキン ラムのみ 威嚇 けたぐり 叩き落とす 挑発 みきり
ボルトロス 拘り眼鏡 悪戯心 十万ボルト ボルトチェンジ 放電 サイコキネシス
クレセリア オボンのみ 浮遊 ムンフォ サイコキネシス めざ地 冷凍ビーム

 

バトルロードグロリアの予選として行われたオンライン大会で準優勝。しゃでオフとグロリア本戦も同じ面子で中身を少し弄って何度も使っていました。

上の技構成は自分が使っていて最も扱いやすいと思ったもので、オンライン予選やグロリア本戦で使用したものとは少しだけ異なると思います。

 

 

解説

パーティ内に威嚇を二体入れることで頻発するガルーラランドロスのミラーマッチで優位に立てるようにしています。ランドロスズルズキンの二体を選出し、威嚇を利用して相手のガルーラランドロスの火力を削ぎ、ダメージレースを優位に進めるオーソドックスな構築だと思います。

威嚇を二体採用するメリットとして上記のようなミラーマッチで優位に立てる点などが上げられますが、デメリットとして勝ち気や負けん気(主にミロカロス)を相手にした時の選出が非常に窮屈になる点があります。そこで、威嚇を二体入れることで辛くなってしまったミロカロスを一撃で処理できる控えめ眼鏡ボルトロスを採用。威嚇が二体入ってることもあり、初手から出されることが多いので簡単に倒すことができます。ミロカロスの処理は霊獣ボルトロスに珠を持たせても可能ですが、対面したミロカロスが毎回引いて処理が遅れたので化身にしています。

 

 

ガルーラ

世界大会の影響から非スカーフのランドロスが増えたため、最速で冷凍パンチを採用しました。また、最速にするメリットとして構築上で不利なガルーラミラーが発生してしまった場合に相手のガルーラを「ねこだまし」で止めることで優位な試合展開に運べることが多いです。ガルーラのすばやさ自体も世界大会の影響から遅いものが多く、従来の環境よりもこのプレイングが通りやすくなっているように感じました。

 

ズルズキン

ガルーラランドロスに威嚇を入れつつ、クレセリアヒードランにダメージを与えるポケモン。数値は足りませんが、威嚇のおかげである程度は誤魔化せます。

悪タイプの技として優秀なはたきおとすと、格闘技についてはドレインパンチでは火力不足なためけたぐりで採用。はたきおとす以外の二つの技については定期的に変えてましたが、みきり、ちょうはつの二つを採用していた期間が最も長かったと思います。

 

ボルトロス

拘り眼鏡を持たせてミロカロススイクンを一撃で処理できるようにしています。使い始めたころは多くのガルーラが耐久寄りの配分で、準速でもガルーラ相手に優位に戦えましたが、最速ガルーラが数を増やし始めて以降は臆病にしたい場面が増えたように感じます。

電気技が三つですが、十万ボルト、放電、ボルトチェンジで全て用途が異なり、どれもくさむすびやヘドロ爆弾に比べてほしい場面が多かったので三つ全て採用しました。特に放電が強いです。

 

クレセリア

4ウェポンクレセリアムーンフォースズルズキンでミラーした場合に優位に立てるほか、サザンドラバンギラスに打つ場面がそれなりにありました。

 

ヒードラン

 ガルーラ同様ミラーで優位に立つために最速シュカで採用。普通のヒードランです。

 

ランドロス

ノータイムで採用。初期はチョッキで、末期はスカーフで使用していました。

 

 

 総括

目標としていたガルーラミラーで高い勝率を叩き出せる構築にはなっていると思います。

ただ、マリルリが重く、しゃでオフもグロリア本戦もマリルリ相手に全試合落としてしまいました。ガルーラボルトロスマリルリを一気に削らないと厳しいです。

サナバレル

f:id:Ninoykr:20140326020352g:plainf:id:Ninoykr:20140504222229g:plainf:id:Ninoykr:20140706235202p:plainf:id:Ninoykr:20140824014628g:plainf:id:Ninoykr:20140929141927g:plainf:id:Ninoykr:20140226140956g:plain

 

最後のポケモンボーマンダじゃなくてサザンドラです(画像がない)。

二度とガルーラ以外のメガ進化は使わないと心に決めました。

 

あいオフ5-4予選落ち。DEXオフは何故かチーム戦で個人6-0でした。

なので弱くはないと思います。

ジャパンカップ使用パーティ

www.amazon.co.jp

 

これに載っているガルーラ軸スタンダードパーティを使用。

最終レートは1720程度、ボーダーは1790とみてそのラインを目指しましたが1767から連敗してこの結果になりました。

自分が強い思っているプレイヤーは少ない対戦数ながら勝ち上がっていたので今年は実力が足りなかったと思います涙

メガボーマンダ

f:id:Ninoykr:20140226140956g:plainf:id:Ninoykr:20140226140938g:plainf:id:Ninoykr:20140326020352g:plainf:id:Ninoykr:20140504222204g:plainf:id:Ninoykr:20131010210541p:plainf:id:Ninoykr:20140824014632g:plain

DEXオフで使用して予選7-1で抜けて3位。しゃでオフで使用した構築のボルトロスボーマンダになっただけです。

ボーマンダが基本的な竜舞型で、ほかの五体に関してはしゃでオフの時と配分まで全て同じです。中身はここ

ちなみに12試合でガルーラを出したのが10試合、ボーマンダを出したのが2試合でした。予選はボーマンダは一度も選出していません。

しかし、出した試合はとても強いと感じたのでもう少し構築をボーマンダに寄せれば勝てる構築に仕上がるんじゃないかと思います。