読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレッフィサンダー

 f:id:Ninoykr:20140326020418g:plainf:id:Ninoykr:20140226140938g:plainf:id:Ninoykr:20140326020343g:plainf:id:Ninoykr:20140226140956g:plainf:id:Ninoykr:20140326020450g:plainf:id:Ninoykr:20140326020352g:plain

ポケモン持ち物特性技1技2技3技4
クレッフィ 光の粘土 悪戯心 リフレクター 光の壁 電磁波 イカサマ
サンダー 雷プレート プレッシャー 十万ボルト めざめるパワー氷 羽休め 守る
ガルーラ ガルーラナイト 肝っ玉 恩返し 猫騙 グロウパンチ 不意打ち
シャンデラ 食べ残し もらい火 熱風 シャドーボール 小さくなる みがわり
ボーマンダ 拘りスカーフ 威嚇 流星群 ストーンエッジ 岩雪崩 大文字
マリルリ オボンのみ 力持ち アクアジェット じゃれつく 腹太鼓 守る

 

バトルロードグロリアLCQで使用した構築です。

結果は予選を5勝1敗で通過、決勝トーナメント1回戦で敗退しました。

 

・パーティの概要

クレッフィで壁を張って、ガルーラマリルリシャンデラで積んで全抜きを狙う構築。

縮小シャンデラが強そうだったので、前記事のレパルロトムの並びをベースに構築しました。

展開の遅い構築なので攻撃を被弾する回数が多く、事故率が高くなってしまったのが反省点。

 

クレッフィ

壁を張ることでダメージを軽減、電磁波によるS操作でガルーラマリルリシャンデラが動きやすい盤面を築くサポートが可能です。

技は役割を担う上で不可欠な三つに、イカサマを採用。太鼓マリルリグロウパンチを積んでくるガルーラギルガルドなどに隙を見せなくなったので、この選択は正解だったと思います。

 

・サンダー

今回は攻守ともに優秀な耐久種族値を持っているサンダーを採用しました。

太鼓マリルリロトムを同時に採用した構築だと片方にしかオボンのみが持たせられず、結果として耐久の足りないロトムマリルリが敗北に繋がることが多かったのですが、回復ソースを持つ上に耐久のあるサンダーはそれを解消してくれました。

ファイアローフレアドライブで削られてしまう点を除いてはサンダーの方が上だったと思います。

持ち物はクチートガルーラに対する打点を少しでもあげるためにプレートにしましたが、モロバレルが数を増やしているのでラムのみや防塵ゴーグルを持たせたほうが強いかもしれません。

 

ガルーラ

陽気ASガルーラ

クレッフィでサポートしてガルーラが積むパターンと、ガルーラがサポートしてマリルリシャンデラが積むパターンがあるので、守るを切って猫騙しを採用しました。

ガルーラのほかに積むポケモンが構築にいない場合は、守るがあったほうが強いと思っています。

 

シャンデラ 

メガ進化の中でも数の多いガルーラリザードンクチートをまとめて起点にできるポケモンとして採用しました。

リザードンは非常に優秀だったものの、噛み砕くガルーラや岩雪崩クチートに突破されてしまうことが多く、それが負けに繋がることが多かった気がします。

配分はドーブルに対して初手から投げられるようにHS。

ドーブルは変身を持った個体も多いので、積んで全抜きを目指す場合はドーブルを処理できる状態を作ってから小さくなります。

 

ボーマンダ 

ここまでの四体でガブリアスが辛かったので採用しました。

ガブリアスを上から流星群で叩けるようにスカーフにしています。

岩技を両方入れてますが、ストーンエッジリザードンをピンポイントで処理できる技、岩雪崩は強引に活路を作り出す技として扱っていたので腐ることはありませんでした。

 

マリルリ

太鼓マリルリ。全体的に重いバンギラスを起点にします。

壁を利用することで本来なら積めない相手に対しても強引に積むことができるため、壁との相性は良かったと思います。

 

 

・総括

全体的に岩技が通りやすい構築で、クレッフィを選出しなかった場合やボーマンダを早々に失った場合は岩雪崩で押し切られてしまう展開が多かったです。

LCQで負けた試合はそれが顕著に現れてたと思いました。